生まれたら・・・

牧場で牛が生まれたら、速やかに必ずやらないといけないのが
「耳標(じひょう)」とよんでる黄色いタグを牛の耳につけること。
そして、この番号をどのお母さん牛から生まれた子牛につけましたよっていう報告を行うこと。
この番号は、全国で一つしかありません。
以前は、住民票とか戸籍みたいなものだよー!と説明をしていましたが、
今後はマイナンバーと同じだよ!って説明が容易になります。
この耳標は誰にでも検索できます。
この番号を検索すると、いつどこで生まれた牛か、いつどこに移動(販売)したか、
最後はどこでお肉になったか(死んだか)という情報を知ることができます。
最近ではお肉屋さんで、耳標番号を掲載しているところも多いですね。
あなたの食べたお肉が、どういうルーツをたどってきたか、
一度調べてみると、面白いかもしれません。