食べ物なのに産業廃棄物

牧場で牛に与えている餌の一つに「おから」があります。
おからは、豆腐を作る際にできる大豆の搾り粕ですが、
日本人は、豆腐は食べてもおからは殆ど捨てています。
せっかく食べれるものなのに、捨てれば産業廃棄物になるので、お金がかかります。
そこで、畜産業界では、食品残渣と呼ばれるものを安く売ってもらって、
餌に使うことを行っています。



IMG_20160105_162600.jpg を表示しています