牛を活かす

動物を扱う仕事の中でも、酪農という業種は牛と歩むことができると思うんです。
世話をしてあげなきゃいけないという部分もありますが、
管理の仕方を変えていくと、牛にやらせる事もできるようになります。
人が草を刈らなきゃいけなかったところへ牛を離して草を食わす。
人がエサをやらなくても自分で食いに行けるわけだし、
草を刈る手間も省けます。

効率、効率で手間を惜しまずやってきましたが、
畜産という大切な本来の目的を忘れてしまっては
この先ずっとは生きていけないと思うんです、

牛自身に土地を起こさせ草を管理する。
地面に栄養をやって微生物を増やし、
土壌微生物や土壌動物、植物の根っこ自身に土地を起こさせる。
本来農業って自然を活かしてこそやってこれたと思うんです。

100年先の農業を考えた時に、
やはりこの原点に戻れるかどうかは一つの分岐点であるとも思います。