clover farm初の乳用♀仔牛!

開牧して1年目。早速夏の分娩が立て込んでいます。
やはり、エアコンの無い環境下での出産を想像したら世のお母さん方は
ゾッとすると思いますが、牛にとっても相当なリスクを背負った形での出産になります。
別に、狙って夏に産ませているわけではないんですが、
生産を考えると、なるべく早い間隔で分娩を繰り返す事を理想としているため、
図らずとも、数年に一度はこういう年があってもおかしくないわけです。

酪農業界では、この周産期(分娩前後)を制すれば、経営も安泰というのが当然の認識です。
と、いうのも、牛の死亡や淘汰(廃用)に結びつく要因のほとんどはこの周産期に起こります。
つ・ま・り、当牧場は早々に試練にぶち当たってるわけです。

が、ビギナーズラックというか、運が良いのか、巡り合った牛たちが優れているのか、
とりあえず3頭分娩しましたが、6産目・5産目・3産目と業界では高齢寄りの分娩でしたが
いずれも安産で分娩を終え、後産停滞(のちざんていたい)と呼んでいる
胎盤などの体内への残留の症状も見られず至極手のかからないお産が続いています。

今年の猛暑日と熱帯夜の連続する過酷な状況では、今のところ90点を出したいほどの
我ながら優秀な状況です。本当にありがたいです。

この後、8月中には10日、14日、30日の分娩予定牛と9月にもう一頭います。
人間は基本的に見守る事と、状況次第で助産くらいしかできる事は無いので、
残った4頭の無事なお産を願うばかりです。


さて、難しい自慢話が続きました。

本題ですが、本日、牧場初のホルスタインのメス牛が誕生しました!
しかも、格安で導入させていただいた有名な血統「テツチエ」のファミリーの子です。
本当は分娩予定が14日だったので、10日早い分娩となりましたが、
子の大きさは十分大きく、早く生まれたとは思えない状況です。
予定日分娩だと大変だったと思います。
この記念すべき、clover farm最初の娘牛の名前は、超安易ですが
「ファースト」と名付けました。
牧場の第一号乳用メス牛で、予定日よりダイブ早く、しかも早朝に誕生したということで。
正式名称は「CF テツチエ セシリア ロッキー フアースト」となります。
名前の登録は、競走馬と同じで、小さい文字は使えないので上記のようになります。
また、各牧場で名前の付け方はいろいろあるんですが、
当牧場では「CF(冠名) 家系 母名 父名 本牛の名前」という順に
組み合わせる事にしました。
clover farm で生まれたテッチェ家のセシリア母さんとロッキー父さんの間に生まれた
ファーストですよという意味になります。
今後、この牧場でたくさんの家族が育っていくことを願います。

血をつなぐこと、酪農という仕事の面白いところの一つだと思います!
やー、ますます楽しくなってきましたよー!
名号:CF テツチエ セシリア ロツキー フアースト ♀ 2015.8.4AM生