乳牛とCa

この粉、何でしょうか。



そう。炭酸カルシウム。略して炭カルです。
これ、牛に給与しています。

乳牛が出す牛乳ですが、約100ml中に約100mg以上含まれます。
乳牛が一日に出す牛乳は平均すると30リットルほどですから、
一日に最低でも約30gを排出しているわけです。

と、なりますと、相応のCaを摂取してもらわないと、牛は骨がスカスカになって、
様々な体調の悪化が現れてきます。

なので、我が家では炭カルを給与しています。
炭カル100g給与したら、100gのCaが摂れるかというと、違います。
炭カルは炭素と酸素とカルシウムの化合物なので、
実際には、質量中の3割がカルシウムとなります。
なので、100g給与したら、30gのカルシウムが摂取できるというわけです。

更に言うと、摂取したカルシウムをすべて血液中に取り込めるかというと、また違いますし、
カルシウムは牛乳中に排出されるだけでなく、
筋肉の収縮や、免疫機能など様々な体内での役割を持っています。

牛は草を食べる草食動物です。
植物の細胞壁はCaが多いですから、そこからの利用もあります。
しかし、現代の乳牛は多くの牛乳を出すために、
慢性的に骨密度が低いという論文もあります。

なので、炭カルなどのCaを積極的に添加してあげることが必要なんですね。
ちなみに我が家では一日に1頭あたり200g給与しています。


炭カルまみれ。