牛乳をもっと身近に

私たちは、牛乳・乳製品が当たり前のように食卓へ並ぶ事を願っています。
多くの方に利用して頂いている牛乳を生産する牧場として、
安全なものを生産し続ける事はもちろんですが、
より安心して飲みたい、食べたいと思っていただけるものを生産するために。
そして、毎日利用して頂けるために、より一層安価に生産できるよう工夫を続けます。

富山県、北陸地域、日本全国の酪農家が今日も明日も牛乳を生産します。
それぞれの環境で、それぞれの考えで牛の為に出来る最善の管理を模索し続けています。
牛が出してくれる牛乳の量は、牛が満たされているかのバロメーター。
牛が腹いっぱい餌を食べれているか。
栄養のバランスは乱れていないか。
快適に休息が取れているか。

全国にいる乳牛が、一日1リットルだけ牛乳を多く出せるようになれば
日本で足りていない牛乳も足りる様になるかもしれない。
日本のどこにいても、より新鮮な牛乳を飲んでもらえるかもしれない。

特別なものを、特別でない存在に。