14才の挑戦2018

今年も14才の挑戦を受け入れています。
富山県全域で行われている、中学2年生の就業体験ですが、
かれこれ3年目の受け入れとなっています。
今年はコレまでとカリキュラムを変更して、
朝晩の搾乳中心での受け入れをしています。
なので、朝早く来て、1度帰って夕方再集合なんて事をしています。
かなり酪農のリアルを体感してもらってるのではないかと思います。

地域の子供を地域で育てる。
とても大切なことだとおもいます。
そして、恐らく『仕事』を体感したことのない子供達に
仕事を教える役を担えることは、とても責任重大ですが、
とてもやり甲斐を感じます。

本当に伝えたいことが、次から次へと出てくるんですが、
酪農で稼ぐ事のポイントを感じ取って、
体験して欲しいと思います。
酪農に携わってもらいたい。
そうでなくとも、あの時聞いたあの言葉のお陰で、、、など。
この子たちの人生に刻める何かを残したいと思います。